お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
お役立ち情報

通常不動産業界において、賃貸物件と分譲物件は分野が異なります。しかし、分譲物件が賃貸として入居募集されることがあります。その多くは転勤によりやむをえず賃貸に出すケースです。なかには住居用としてではなく、投資物件として分譲物件を購入し、家賃収入を考えるオーナーもいます。分譲物件は各オーナーの持ち家ですので、いずれ戻ってくるまでの間の貸出を考えているケースが多く、借主側としてはいつまで借りていられるのか不透明です。数年となる場合もあれば、長期にわたる場合もあります。場合によっては売却物件となることもありえます。各オーナーの持ち家ということもあり、喫煙禁止など通常の賃貸よりも制約事項が厳しくなる傾向もあります。ただ、その分物件としてのグレードは高く、賃貸用の物件よりも構造面や設備面など高級感が違います。また、1年を通して定期的に物件が出てくる訳ではないので、希少価値も高くなりますし、立地場所も魅力的な物件が多いため、賃貸用の物件よりも人気があります。分譲物件に住んでみたいものの、転勤族にとっては購入は難しいが、賃貸に出されていれば気になるのではないでしょうか。もし身近にそういった物件が賃貸物件として出ていたら、ぜひ見学してみてはいかがでしょう。