おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
おすすめ情報

司法書士は、街の法律家と言われます。弁護士に相談するには敷居が高いですが、司法書士であるなら気軽に相談できると言った感じになるでしょうか?相談料金も弁護士に比べて割安になります。だからと言って、サポートが不十分かと言うと一概には、そのようにはならないと思われます。司法書士が得意とする分野では、弁護士に勝ります。では、司法書士はどんな分野の仕事をしているのでしょうか?司法書士は、私人の権利義務に関する法律分野を得意とします。例えば、不動産登記や会社登記になります。登記業務では、家を不動産会社から買った場合に、私人の権利を保全するために登記が必要になります。家を買った場合は、所有権移転の登記(私人の権利の保全)を行います。また、投機目的で家を購入するような方も時にはいらっしゃいますので、そのような方を防ぐために、不動産買戻し特約の登記(義務に関する登記)などを併せて登記します。なお、いずれも代理業務になります。その他の業務としては、供託業務や簡易裁判所での訴訟業務の代理を行います。小額の訴訟(損害賠償金の請求など)の必要が起こった場合などは、弁護士に依頼しなくても街の手軽な法律家に相談されることをお勧めいたします。